防水工事について

HOME | INFO | 防水工事について

防水工事って何?

防水工事の種類と特徴

防水工事とは

防水工事とは、建物の屋上や屋根、ベランダ、バルコニーなど雨にさらされる場所を水から守る処置をする工事のことです。主にコンクリートでできた建物に施工する工事を指します。コンクリートでできた躯体を雨風から守ることで、建物を健康に長く保たせることを目的としています。
さまざまな材料によるさまざまな工法がありますが、特に改修工事をする際には現在の防水の状況や、周辺の環境、工事の日程などの要件を踏まえて適切な工法を選ぶ必要があります。


防水の種類と特徴

4つに分類される

アスファルト防水

最も古い防水工法で信頼性も高いと言われています。皆さんご存知の道路を舗装するアスファルトを利用しています。アスファルトを高温で溶かしたものを流して固めるのが一般的でしたが、火を使って工事に危険が伴うため、様々に改良された工法があり、その中にはシート状になったものをトーチ(火)であぶって貼り付けるトーチ工法などがあります。新築の屋上防水に一番よくつかわれる工法です。

アスファルト防水

メリット

・耐用年数が長い
・防水膜が厚い
・古くからの防水の種類なので信頼性が高い

デメリット

・施工に手間がかかる
・工法によってはにおいが発生するので近隣への配慮が必要

おすすめの施工環境

・障害物の少ない屋上。
・木造建築には不向き。

ウレタン防水

ウレタン防水は、防水材を塗っていく塗膜防水と言われる防水です。
施工は塗っていく作業なので複雑な形でも施工が可能です。
屋上の場合は、雨が直接当たり、完全に床面を乾燥させることが難しいため、「通気(つうき)緩衝(かんしょう)工法」という通気性の良い工法で行います。

ウレタン防水

メリット

・どんな下地でも対応可能。
・形状が複雑なベランダにも対応可能
・短期間で安価に施工ができる
・雨漏りした屋上にも施工できる

デメリット

・塗っていく作業なので職人によって仕上がりに差が出る
・トップコートの塗り直しが定期的に必要

おすすめの施工環境

・基本的にはどんな環境でも施工可。
・室外機が多い屋上はウレタン防水がおすすめ。

シート防水

シート防水は、工場で生産された防水シートを切って貼っていく防水です。
シート自体が工場で生産されたものなので、均一な防水層が施工可能です。
耐久性や強度が高く、施工後に太陽光発電やプランターを置きたい方におすすめです。

シリコン塗料

メリット

・紫外線に強い
・耐候性が強いので衝撃や歩行にも耐えられる。
・トップコートがいらない場合が多い

デメリット

・凹凸のある床面には施工できない
・接合部分の施工が難しいので業者選びに注意が必要
・寿命が来るとひび割れが起きる
・施工の際に騒音や揺れが起きるので近隣への配慮が必要

おすすめの施工環境

障害物がない屋上。
太陽光発電などを設置する前の屋上。(形が複雑だったり、物が多い屋上には不向き)

FRP防水

FRP防水とは、木やコンクリートで作られた床の上にFRPのシートを敷き、その上に樹脂を塗って硬化させる方法です。
硬化後は、プラスチックのような硬さの感じられる床面になります。
また、そのままでは紫外線に弱いため、保護のため「トップコート」という塗料が重ね塗りされます。
FRP防水は、住宅のベランダやバルコニー、陸屋根(屋上)のほか、ビルやマンションの屋上などにも幅広く使われています。

FRP防水

メリット

水を通さない力においては他の防水工法よりも高い「水密性」をもっています。
耐荷重性・耐摩擦性に優れています。 そのため、人や車の往来が多い屋上駐車場にも使用される防水工法です。
FRP防水層は、1平米あたり4kg前後と他の防水層に比べて非常に軽量です。
FRP防水は、塗膜の乾燥を待つ工程が少ないのも特徴です。

デメリット

施工費用・メンテナンス費用がやや高めです。
 

おすすめの施工環境

障害物がない屋上。
太陽光発電などを設置する前の屋上。(形が複雑だったり、物が多い屋上には不向き)

フッ素塗料

フッ素塗料の最大の魅力として、密着性が高く紫外線にも強いので、色あせしにくい点が挙げられます。
また防藻性、防カビ性も兼ね備えているので、塗料の中では耐用年数が最も長い部類に属します。
そのため、一度施工をするとメンテナンス費用をカットできる見込みがあるのもメリットとして挙げられるのではないでしょうか。
一方で価格が高いため、戸建て住宅での使用頻度は高くありません。
また、ツヤあり塗料しか選べない点や、塗膜が固い故割れやすいといったデメリットもあります。

フッ素塗料

劣化症状

耐用年数が過ぎてからの症状

ひび割れ

防水にひび割れが発生している場合は劣化しています。
ひび割れを放っておくと劣化が進んで雨が侵入してしまいますので、早めにメンテナンスを行ないましょう。

 

床のひび割れ

膨れ・剥がれ

防水の表面が膨れてきたり剥がれてきた場合も早めのメンテナンスが必要になります。
放っておくとさらに劣化が進んで水が侵入してしまいます。
雨漏りする前にメンテナンスを行ないましょう。

 

床の剥がれ

雨漏り

防水が原因で雨漏りが発生している場合は、すぐにメンテナンスを行ないましょう。
雨漏りが発生したまま放っておくと雨漏りがひどくなるのはもちろん、建物内部まで腐ってしまいます。
内部の劣化が進むと屋上防水だけでは済まなくなり、内部の修繕が必要になるので費用が余分にかかってしまう場合があります。
少しの雨漏りでも放っておかずにメンテナンスを行ないましょう。

 

雨漏り